Tel.050-1742-0303

月~金10~17時

電話受付時間
月~金 10~17時 土日祝休業

MA(マーケティングオートメーション)

BtoBに口コミを! クライアントが喜んでクライアントを紹介したくなるキャンペーン設計法 〜MA連携も可能〜

2024-02-13

「口コミ」や「リファラル」と聞くと、
多くの方はBtoCの消費者向け商品やサービスを思い浮かばれるのではないでしょうか。
しかし、実は企業向けのBtoBの商材こそ、比較検討しうる情報が一般消費財と比較して少ないため、
第三者からの口コミや紹介がとても有効に機能します。

今回の記事では、LINEを使ったリファラルマーケティング(お友達紹介)と、
MAツール(マーケティングオートメーションツール)を連携させることで、
最小限の工数でクライアントに新たなクライアントを紹介いただけるキャンペーン設計法をご紹介します。

[indexnav]

BtoBといっても、相手は人間。
だからこそ、最も有効なメディアは「人」。

BtoBマーケティング――ちょっと、BtoCと比べると敷居の高さを感じてしまう言葉ですよね。
しかし、相手はBtoCと同じ人間。

売る商材や目的が異なるだけで、BtoCとまったくことなるということはありません。
むしろ、相手が人間だからこそ、商材の性能や使い勝手、コストパフォーマンスなどについて、
喜んで期待もすれば、不安になることだってあります。

だからこそ、BtoCのマーケティングと同じく、

  • ・期待醸成につながる情報提供
  • ・不安払拭につながる情報提供

この2点が重要になってきます。

そして、この2点の情報を誰から聞きたいのか?
それは、「企業から」ではありません。
ましてや、サクラがいたり真偽が不確かだったりする「口コミサイトから」でもありません。

仕事やプライベートでリアルな接点のある、ビジネスパートナーや、
知人・友人といった「人」からの情報を聞きたがっています。

クライアントにクライアントを紹介いただくという、
新しいBtoBマーケティングのかたち。

BtoBマーケでも最も効果的な情報メディアが「人」であるとするならば、
それを最もお願いしたい「人」は誰でしょうか?

その答えは、「既存クライアントの担当者」です。

長年お付き合いいただいているのであれば、
自社が宣伝したい商材のいいところも悪いところも知っていただけているはず。

そのうえで使い続けていただけているのならば、必ず使い続けるポジティブな理由があります。
それを可視化いただきつつ、新たなクライアントを連れてきていただく。

  • ・紹介といっても、その手段は?
  • ・どうやってその担当者にアプローチする?
  • ・特典リワードは何がいい?

などなど、一見難しそうですが、
逆にいえばそうしたイメージがあるからこそ、競合と一歩差をつけられるチャンスでもあります。

BtoBでのリファラルマーケティング活用については、
具体的な数字をもとに解説している以下の記事もぜひご覧ください。

【解説】BtoBでの紹介制度活用方法!BtoBでもリファラルマーケティングは有効だった
https://www.kuchi-co.com/2020/08/11/1222/

BtoB紹介キャンペーンを、設計から運用まで丸投げでき、
MA連携も可能な「クチコプレミアム」とは?

キャンペーンSaaSシステム「クチコプレミアム」は、企業もお客様もどちらもラクな、リファラルキャンペーン専用のプラットフォームです。

・特徴
最も普及しているコミュニケーションアプリであるLINEをベースとしているので、かんたん・便利・確実に紹介キャンペーンを成功に導くことが可能です。
また、上図のようにSalesforceやHubSpotなどのMAツール(マーケティングオートメーションツール)と連携可能なため、
既存顧客データを活かしつつ新たな見込み顧客の開拓が可能
さらに、応募に必要なデータを読み込むことで、既存のお客様の入力の手間を最小限に抑えることが可能です。

・担当者の方
友だち紹介されるたびに通知が来るので「承認ボタンをクリックするだけ」で対応完了。
→企画・設計や商品の手配や配送など、残りの業務はすべてアウトソースできます。

・お客様
LINEを通じ、会わずとも複数人を同時に紹介可能。
→従来の紹介キャンペーンのようにチラシなどの印刷物を必要とせず、デジタルの力で複数人に紹介いただけます。

その他紹介キャンペーンの詳しい現在を知りたい場合は、以下より資料をダウンロードいただければと思います。紹介キャンペーン・口コミについて調べたホワイトペーパーになります。

著者エリア

著者の紹介

廣見 剛利

20代の頃から、営業会社の組織を率いるかたわら、営業の重要性を認識しながらも、営業の限界について自問自答をし続ける。30代でCRMとSFAに出会いその限界を打破する光が見えつつも、変革しなければならないプロセスの多さに愕然とする。 40代に入りマーケティングオートメーションと出会い、見込み客獲得から、見込み客教育、商談化のプロセスの自動化について体現する。商談化前が自動化されることにより、商談後の生涯顧客価値を最大化させるプロセスの見える化、見える化による再現性のある営業組織づくりを実現。同じ悩みをもつ日本企業の解決策を提供すべく、マーケティングデザインを設立。



紹介キャンペーンの
有益な情報を入手